[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


北信越大会

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 5月26日(金)18時40分51秒
編集済
  北信越勝ち上がり  

春季北信越本大会

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 5月19日(金)13時37分33秒
編集済
  小諸商(シード校)と東海大諏訪が出場する本大会に出場の他校
新潟 日本文理 中越 新潟明訓 関根学園
富山 高岡商 砺波工
石川 金沢 星陵
福井 啓新 福井工大福井

抽選25日(木)
試合6月3-6日
 

夏県大会

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 5月18日(木)15時07分27秒
編集済
  春季県大会の結果、夏のシード校が決まりました
(小諸商ブロックx伊那北ブロック)x(県ヶ丘ブロックx都市大塩尻ブロック)
                X
(上田西ブロックx佐久長聖ブロック)x(篠ノ井ブロックx東海大諏訪ブロック)

長商 長野東 長野吉田 飯山 上田染谷 深志 松商 美須々 蟻ヶ崎 松本第一
を始めノーシード校がどのブロックに入るのか

注目の抽選は6月24日
 

18日(木)決勝

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 5月17日(水)13時58分6秒
編集済
  三位 上田西11ー0都市大塩尻 決勝 小諸商10ー7東海大諏訪
小諸商、優勝おめでとう!
 

17日(水)準決勝

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 5月15日(月)13時17分35秒
編集済
  本日勝ったチームが新潟の北信越本大会へ
諏訪湖 上田西2ー5小諸商 都市大塩尻7ー8東海大諏訪(9回4得点で逆転)
 

15日(月)準々決勝

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 5月10日(水)09時35分15秒
編集済
  諏訪湖9時30分 上田西8-1篠ノ井 県ヶ丘1-8小諸商

飯田9時30分 都市大塩尻4-2伊那北 東海大諏訪6-2佐久長聖

結果夏の県大会
オリンピック 篠ノ井 佐久長聖
上田 上田西 小諸商
松本市 都市大塩尻 県ヶ丘
諏訪湖 東海大諏訪 伊那北
佐久長聖、地元での試合がないものの、人工芝の主会場となりました。

※16日(火)は休養日
17日準決勝
18日決勝
 

14日(日)1回戦

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 5月10日(水)09時30分51秒
編集済
  勝てば夏のシード権のかかる1回戦は好カード続出
上田西5-3深志 下伊那農2ー10篠ノ井 県ヶ丘10ー8長商

小諸商5ー0岡谷南 長野吉田1ー3都市大塩尻

伊那北5ー4上田染谷 長野東5ー7東海大諏訪 松商3ー4佐久長聖
 

県大会

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 5月 7日(日)10時26分59秒
編集済
  組み合わせヤグラ
13(土)14(日)16(火)17(水) 15日は休養日
しんきん諏訪湖スタジアム
綿半飯田野球場
伊那スタジアム
各地区順位順
北信 長商 長野吉田 篠ノ井 長野東
東信 上田染谷 小諸商 佐久長聖 上田西
中信 深志 松商 都市大塩尻 県ヶ丘
南信 東海大諏訪 下伊那農 岡谷南 伊那北
 

7日(日)3位決定戦と決勝

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 5月 6日(土)13時10分16秒
編集済
  県ヶ丘2ー4都市大塩尻(延長10回) 松商2ー10深志
上田西1ー3佐久長聖 上田染谷5ー3小諸商
岡谷南11ー7伊那北 下伊那農6ー7東海大諏訪
長商9ー0長野吉田 篠ノ井5ー2長野東
 

6日(土)準決勝

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 5月 4日(木)15時44分37秒
編集済
  東海大諏訪000 030 101=5
伊那  北210 001 000=4
(東)宮沢、井原-中野
(伊)馬場、中嶋-小池
佐久長聖000 000 000=0
小諸商 000 100 000=1
(佐)山本-鈴木
(小)高橋-山口
長野東 000 000 0=0
長野吉田000 331 x=7
(東)入山、風間、松橋-石井
(吉)岡沢、滝本-金児
県ヶ丘000 000 0=0
松商 010 030 3=7
(県)谷田、待井-宮下
(商)草間-波多腰
上田染谷240 000 010=7
上田西 000 002 011=4
(染)神林、清水榛、滝沢-宮沢
(西)塚田、羽田、小金沢、林部-塩原
下伊那農700 100 020=10
岡谷南 105 000 000=6
(下)勝又、木下歩-木下大
(岡)山田、山岸、那須野、細川-滝田、樋口翔
篠ノ井100 000 0=1
長商 005 003 x=8
(篠)唐沢-高橋
(長)高松、小林泰-増田
都市大塩尻010 000 000=1
深   志001 410 00x=6
(都)高木、遠藤壱、狩野-塚原、林
(松)小林綾-新井
 

5月4日(木)代表決定戦

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 4月30日(日)14時10分7秒
編集済
  松本市9時30分 松商4ー3第一 都市大塩尻7ー1穂高商
塩尻市9時30分 深志8ー1ウエルネス 美須々6ー7県ヶ丘

上田9時 佐久長聖13ー6上田千曲 小諸1ー19小諸商  上田染谷ー岩村田

岡谷南14ー2飯田 岡工5ー12下伊那農
東海大諏訪8ー0赤穂 伊那北12ー5諏訪二葉

篠ノ井12ー4中野西 長野東6ー0長工
長商4ー0長野高専 飯山1ー2長野吉田
 

5月3日(水)2回戦

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 4月19日(水)15時28分27秒
編集済
  上田4ー5小諸 上田染谷7ー0上田東 代表決定戦 上田西5ー1野沢北

長野高専8ー2北部 長野南3ー6長野吉田 長工4ー0中野立志館

田川0-8第一 ウエルネス2ー1創造 木曽青峰3ー13穂高商

飯田OIDE6-7赤穂 諏訪二葉5ー2下諏訪向陽
岡工7ー3箕輪進修
 

4月30日(日)1,2回戦

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 4月19日(水)15時14分27秒
編集済
  松商11ー1塩尻志学館 都市大塩尻4ー3松本蟻ヶ崎 蘇南1ー9美須々
深志3ー2松工 県ヶ丘10ー6梓川

蓼科0ー9岩村田 丸子修学館3ー10野沢北 佐久平総合技術0ー20上田千曲

岡工11ー2阿智 岡谷南10ー3高遠 下伊那農2ー0飯田風越
駒ヶ根工4ー8諏訪二葉 東海大諏訪13ー3阿南 伊那北3ー0上伊那農

飯山6ー1長野日大 須坂東1ー7篠ノ井 中野西2ー1長野俊英
 

4月29日(土)1,2回戦

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 4月18日(火)17時56分30秒
編集済
  明科2ー13塩尻市学館 大町岳陽0ー16松本蟻ヶ崎
松工1ー0豊科 池工1ー14梓川 南農4ー11美須々

上田西10ー0地球環境 小海0ー7佐久長聖 小諸商8ー1野沢南

高遠8ー1諏訪実 岡谷東1ー11上伊那農 飯田4ー2富士見
茅野5ー6阿南 飯田風越7ー6松川 伊那弥生1ー2飯田OIDE長姫

長野日大9ー2須坂 屋代0ー12長野吉田 長商4ー1長野西
篠ノ井5ー1松代 長野俊英2ー1須坂創成 長野東10ー7長野
 

4月28日(金)1回戦

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 4月18日(火)17時42分59秒
編集済
  オリスタ 9時30分
長野西4ー3更科農 下高井農林1ー8長野
 

組み合わせヤグラ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 4月18日(火)17時40分0秒
  中信

東信

南信

北信
 

2017予定

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 4月12日(水)10時54分42秒
  やっと球春!
春季地区大会抽選4月18日(火)
春季地区大会4月29日(土)ー5月7日(日)
春季県大会5月13日ー17日(南信会場)
春季北信越6月3日ー6日(新潟県)

夏県大会
抽選6月24日
7月8日開幕23日決勝(オリスタ)

秋季地区大会9月2日ー17日
秋季県大会9月23日ー10月1日(東北信)
秋季北信越10月14,15-21,22日(福井県)

 

県高野連表彰選手

 投稿者:管理人  投稿日:2016年12月13日(火)18時52分52秒
  硬式
田原  岳君 長野西主将 遊撃手
元山 飛優君 佐久長聖主将  遊撃手
宮下 大輝君 小諸商業主務 外野手
篠原 雄大君 東海大諏訪主将 一塁手
島田 恭汰君 松商学園主将  投手
軟式
片山 浩平君 上田西 主将 捕手

以上通り、皆さんおめでとう。3年間ご苦労様でした。
 

北信越大会

 投稿者:管理人  投稿日:2016年12月13日(火)18時44分5秒
編集済
  残念ながら試合を見に行くことができませんでしたので、信濃毎日新聞さんの記事を引用させていただきます。

第135回秋季北信越高校野球大会は福井工大福井の優勝で幕を閉じ、上田西、長野商、小諸商、飯山の県代表は4校とも準々決勝までに敗退した。
長野県勢は4校とも1、2点差の惜敗。1回戦で上田西に逆転勝ちした福井工大福井、飯山に競り勝った高岡商が決勝まで勝ち上がっただけに悔やまれる敗戦だった。

 4校に共通するのは、勝つチャンスがありながら、四球や失策、バントや走塁のミスをきっかけに勝機を逃した点。相手投手のレベルが上がり、簡単には得点できない試合展開の中で一つのミスが致命傷になった。打つ、投げるという基本的な部分は上位校と比べても遜色なかったが、勝負どころで確実に得点に結び付け、ピンチを回避できるかどうかの差が勝敗を分けた。
一般選考による選抜大会出場の可能性が消えた長野県勢だが、収穫もあった。長野商の和田は連投でも力を発揮し、飯山の飛沢、上田西の工藤も有力校を相手に好投。4校とも地区予選の頃より一回り成長し、来年に向けた経験と手応えを得た。
冬期練習のテーマもそれぞれ明確になった。長野商はバッテリーの配球を含め、守備に課題を残した。夏の主力7人が残り、上位進出が期待された小諸商は、エース高橋が調子を合わせることができず、本来の力を出し切れなかった。投手力を前面に出した戦いで臨んだ上田西と飯山は、攻撃力不足という課題が浮き彫りとなった。
5年に1度となる秋季北信越大会の県内開催にもかかわらず、観戦した県内校のチームが少なかったのも残念だった。県高野連関係者によると、まとまって球場を訪れたチームは各日とも2、3校。県内各地区の1年生大会やルーキーリーグ、地域大会と日程が重なり、球場まで足を運ぶのが難しいチームもあったが、来春の甲子園出場を懸けた各県代表の真剣勝負からも学べるものは多かったはずだ。(信濃毎日新聞)



 

23日(日)決勝

 投稿者:管理人  投稿日:2016年10月22日(土)15時37分8秒
編集済
  工大福井032 100 010=7
高岡商 000 000 001=1
(福)摺石-大上
(高)伏見、土合-筏
 

/122