teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


昨晩は乗鞍高原へ

 投稿者:TK_Starlight  投稿日:2017年 4月23日(日)13時40分41秒
返信・引用
  昨晩土曜日の夜は、天候の回復が期待できた乗鞍高原まで行ってきました。T氏さんと一緒でした。
到着した22時半ごろは良い星空が広がっておりシンチュレーションは今一つながらもなかなかの透明度でした。直焦点の撮影開始は1時頃を予定していたので、それまで星野写真を撮りながらのんびりしていたのですが、直焦点を撮影開始してすぐに雲が広がってきてしまい結局あきらめて撤収となりました。局地的な低い雲だったようで、帰りに松本まで下りてくると綺麗に晴れていて、さそり座も車の中から見えました。甲府のあたりまで戻ってくると雲が多くなり、また山間部には低い雲が山に漂っている感じだったので、標高のある場所はどこも難しかったのではと思いました。

来週からのゴールデンウィーク前半がいいタイミングなので、次の機会に期待です。
曇る前にかろうじて撮影できた星野写真です。左の樹のあたりのレイヤー合成がうまくいっていないです。

EOS 6D, EF16-35mm F4L IS (16mm) ISO3200, f/4.5, 4min x3, 地上部はISO1600, 10min x1

 
 

山高神代桜

 投稿者:TK_Starlight  投稿日:2017年 4月21日(金)21時46分34秒
返信・引用
  実相寺といえば山高神代桜が有名です。樹齢1000年とも2000年とも言われているようです。
朝の早い時間帯だと日が当たらないのですね。南アルプスの鳳凰三山を背景にして撮りました。ここに写っている日の当たっている桜は隣の樹のものです。

さて明日の土曜日の夜は晴れる可能性がありそうですね。楽しみです。

EOS 6D, EF70-200mm F4L IS (70mm) ISO200, f/8, 1/400
 

実相寺にて

 投稿者:TK_Starlight  投稿日:2017年 4月18日(火)23時17分39秒
返信・引用
  実相寺は神代桜という樹齢千年以上とも言われる古い桜が有名ですが、それよりも期待していたのはお寺の前から眺めた景色で、桜、水仙と背後の南アルプスの山並みです。結論から言うと今回の撮影行の中では一番気に入った場所となりました。桜はちょうど満開、南アルプスへの光の当たり方も申し分なしという好条件に恵まれました。

唯一残念だったのが、このお寺の前からのアングルで木々の間に見えるであろうと期待していた古い趣のある建物が建て替え中でブルーシートに覆われていたことです。
下の写真で一番右手に見えている山が甲斐駒ヶ岳ですが、もともとはこの甲斐駒がこの写真の位置よりは左側の桜が低くなっているポイントに重なるように位置取りすると、そこにその古い建物が見えて、その背後に甲斐駒というアングルを期待していました。しかしそこはブルーシートとなっていたため、このように位置をずらしてブルーシートが目立たないようにしています。

下弦前の月も空に浮かんでいます。

EOS 6D, EF24-105mm F4L IS (32mm) ISO200, f/8, 1/640
 

山梨へ桜・桃を求めて

 投稿者:TK_Starlight  投稿日:2017年 4月16日(日)20時28分51秒
返信・引用 編集済
  好天に恵まれた日曜日の朝、山梨方面へ出かけてきました。予定ではあちこち回るつもりだったのですが、予想よりはるかに時間がかかったこともあり、韮崎周辺のポイントを4か所回りました。

最初に行ったのが王仁塚(わに塚)の桜です。とても有名なスポットですね。富士山との一緒のカットを狙い、日の出の時間帯が遠方の山もはっきり見えて良いのではと思って現地には5時ごろ到着しました。しかし富士山の方向が南にあたるため、春霞の影響もあり、ぼんやりと見えるだけというがっかりの状態でした。他の方向をとるにしても八ヶ岳は北方向、西方向にはちょうど良い南アルプスの山は見えず、しかも送電線がすぐ脇にあるというロケーションだったので、すぐに切り上げて移動することにました。
2番目のポイントは、きれいに見えているであろう西側の南アルプスと組み合わせることのできる実相寺です。

そんな条件でしたが、撮影に適したポイントにはカメラ・三脚がずらりと並んでいました。私も久々の三脚使用です。太陽が東の山から顔を出して桜に日があたったタイミングでのショットです。御覧のように送電線がこんな状態にあります。ネットで見た富士山とのコマでは、もう少し他の木々に隠れていたのですが最近伐採されたのでしょうか。

EOS 6D, EF70-200mm F4L IS (191mm) ISO200, f/8, 1/80
 

今度の週末はチャンスがあるか?

 投稿者:TK_Starlight  投稿日:2017年 4月13日(木)23時26分30秒
返信・引用
  今度の週末の天気予報は好転してきましたね。日曜日の朝などいいかもしれないです。安定しない気温のため開花の進行が例年とは違うパターンでなかなか桜のタイミングを見極めるのが難しそうですが。。

三渓園の池の向かい側から、今度は桜の花に寄って。背景にも桜を感じることを狙っています。寄るとやはり風の影響があって、風が落ち着くのを待つ必要がありますね。

EOS 6D, EF70-200mm F4L IS (70mm) ISO200, f/8, 1/400

 

建物との組み合わせ

 投稿者:TK_Starlight  投稿日:2017年 4月 9日(日)10時33分17秒
返信・引用 編集済
  この週末は桜が見ごろとなった場所も多いようですが天気が悪く残念です。これからゴールデンウィークにかけて桜が良い場所はどこか調べ始めました。山梨、長野方面ですね。

三渓園に移築されている寺院の建物と組み合わせてのショットです。こういった建物と組み合わせる構図はそれほど取れないですね。この構図で建物右手前の樹も桜なのですが、その桜は開花が遅くてまだ1-2分咲きぐらいでした。それがもっと咲いていればまた感じも違ったと思います。

EOS 6D, EF70-200mm F4L IS (173mm) ISO200, f/8, 1/250
 

ユキヤナギと

 投稿者:TK_Starlight  投稿日:2017年 4月 6日(木)21時14分53秒
返信・引用
  桜と同じころに咲くユキヤナギとの組み合わせです。
こういう撮り方をするときどちらにピントを合わせるのか悩みます。それぞれにピントを合わせたコマ、絞りを変えたコマなどいろいろ撮ったのですが、パンフォーカスにはならないので、結局主題は桜ということで桜にピントを合わせたコマを選びました。

EOS 6D, EF70-200mm F4L IS (89mm) ISO200, f/8, 1/160
 

三渓園の桜

 投稿者:TK_Starlight  投稿日:2017年 4月 4日(火)20時58分12秒
返信・引用
  仕事の合間で今日休みが取れたので、少し早いとわかっていたものの横浜 三渓園の桜を撮りに行ってきました。4-5分咲きぐらいかなと思っていたのですが、樹によっては6-8分咲きの一方で、2分ぐらいの樹もあるという感じでした。ベストは2-3日あとでしょうね。でも、まずまず楽しめました。

三渓園は駅から遠くて公共機関だとバスとなるのですが、日の当たり具合などから朝早い時間が良いだろうということで開園9時の少しあとぐらいに車で行きました。そのタイミングだと駐車場は余裕で止められましたが、帰るときには並んでいましたね。週末だと開園同時ぐらいでないと車は厳しいかなと思います。

場所柄、伝統的な建物と組み合わせられれば良いのですが、撮影できる構図はちょっと限られてしまいますね。まずは定番カットから。これは園に入ってすぐのところです。このあたりで一番時間を使いましたが、レンズを変えたり、PLフィルターを使ったり、微妙に角度を変えたりと似たような構図ばかりたくさん撮ってしまいました。
三重塔の右下の方にも池の向こう側に桜があるのですが、そうすると休憩所の建物を入れざるを得なくなるので、それを入れるかどうかも悩むポイントです。

PLフィルターを使っているので、シャッター速度が遅くなっています。

EOS 6D, EF70-200mm F4L IS (70mm) ISO200, f/8, 1/100

 

今年の桜は?

 投稿者:TK_Starlight  投稿日:2017年 4月 2日(日)20時48分13秒
返信・引用
  なかなか書き込むネタもなくてすっかり間隔があいてしまいした。
遅れている桜ですが、都心ではようやく満開というニュースが出ています。近所の桜は開花は始まったもののまだまだというところですね。気になるのは、開花するかしないかのあたりで足踏み状態だったせいか葉も出てきてしまっている樹がちらほらあることです。あとは満開の時期の天気ですね。

いままに何度か行ったことのある伊豆 松崎町の桜の写真を撮りに行きたいと思っているのですが、そちらもようやく開花とのことで見ごろは次の週末あたりではないかと思うのですが、いまのところ天気予報が良くありません。今週は気温が高めである程度の晴れ間が続くようで一気に開花は進むと思うのですが、肝心の週末は今一つの予報です。すこし仕事も落ち着いているので、木曜日か金曜日あたりに休暇をとれば、桜も天気もそこそこという状態になるかもしれないとは思います。

一方で、松崎まで行かなくとも、横浜三渓園の桜と横浜公園のチューリップとを撮るというパターンもあるのですが、こちらも次の週末では遅い可能性があるのとやはり天気が、というのが問題です。開花の状況と天気と見ながら、うまく予定が立てられれば良いのですが。


3年前の2014年に松崎で撮った写真です。
EOS 6D, EF40mm F2.8 STM, ISO400, f/8, 1/1250

 

しばらくネタがなし

 投稿者:TK_Starlight  投稿日:2017年 2月 5日(日)13時38分7秒
返信・引用
  冬は星の遠征は基本的にしませんし、風景も撮るものがないということでしばらくネタなしの状態が続いています。
2月半ばからは河津桜が私にとって定番の被写体なのですが、河津町のサイトなどをみると今年は開花が早く、すでに2分咲きとのこと。このペースでいくと来週末ぐらいから見ごろになりそうなのですが、来週末はちょっと都合が悪く撮影に行けません。この週末は首都圏は気温が高かったのですが、これからまた下がりそうなので開花も足踏みして、その次の週までもってくれるとよいのですが。

そうすると明け方に上る夏の天の川を撮影して早朝に河津桜というパターンができそうです。
天の川の撮影は稲取を考えていますが風車の照明がどの程度になったかは心配ですね。また河津桜も河津町ではなく、すこし遠いですが南伊豆に行ってみたいと思っています。

 

標準ズーム

 投稿者:TK_Starlight  投稿日:2017年 1月 7日(土)09時55分27秒
返信・引用 編集済
  遅くなりましたが、皆様、本年もよろしくお願いいたします。

新年早々入手したのが標準ズーム EF24-105mm F4L ISです。もともとは昨年後半にII型が出てそれが良いかと思っていたのですが、評判を見るとそれほど旧型と比べて良くなっているわけではないという声が目につきました。旧型の問題点は個体間のばらつきが大きかったが、その中で良い個体と比べるとあまり変わらないということのようです。

旧型は5年ほど前にアメリカ滞在中に、向こうだと日本より格安に入手できたということもあって購入したのですが、それほど使用頻度が高くなかったので割とすぐに売却していました。
それでも昨年末の中国・黄山のような場合など標準ズーム1本で済ませたいケースがあるために、ここのところII型を含めて購入を検討していました。

- EF24-105mm F4L IS II
- EF24-105mm F4L IS
- EF24-70mm F4L IS
- EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM
といったあたりが候補でした。

EF24-70mm F4L ISは性能の評判もまずまずなのですが、1本で済ますにはちょっと望遠側が心もとなく、長い焦点距離でしか撮れない構図があった場合には、多少性能が悪くても撮れないよりはずっといいと思えます。中古価格が想像より下がっていたのは魅力でしたが。

残りの24-105mm 3本の中では、個体のばらつきの中で運よくいい個体を入手できればEF24-105mm F4L IS (I型)の中古がいちばんコストパフォーマンスがよさそう、それを使っているうちにII型の価格がこなれてくれば、という考えに至りました。
いい個体というのは比較して選ぶわけにもいかないのですし、実際に入手しても他の個体と比較するわけでもないので、あまり気にしてもしょうがないというのもあります。

ただネットオークションでI型は豊富に出回っていますが、その中で気にしたのはなるべく製造年が新しいものをという点ですね。もしメーカーがばらつきに気付いていたのなら、長年にわたって製造していく中である程度の対策を入れていくことはありそうです。Canonのレンズはマウント部にある刻印で製造年と製造工場が識別できるとのネット情報に従って、オークション出品の写真をチェックしていくと2014年あたりから、それまでの宇都宮工場から大分工場に生産が移管されたように見えました。工場を移管した際にも何らかの変更が入った可能性もあるでしょうし、あるいは新しい工場立ち上げ直後は生産ラインが安定しないという悪い可能性もあるとは思うのですが、大分工場生産のものを狙うことにしました。

ということで、大分工場で2014年に生産されたと思われる個体を落札しました。最近に生産された個体なので、外見も綺麗でまずまずのものでした。軽く試写をしましたが、広角24-35mmぐらいで左下隅がスケアリングずれなのか像が悪化していますが右隅などはそれなりにシャープな感じでした。あとは広角・望遠にかかわらず四隅で色収差・フリンジが出ますね。ただいずれにせよ通常の撮影で隅の画質が重要とはあまり思わないので問題ないです。

それよりはあまり寄れないというのがとくに広角の時に気になりそうです。ここは広角ズームのほうがずっと使いやすいですね。

まずは風景などの撮影に持ち出すのが楽しみです。(といっても前に持っていたんですけどね。。)

 

今年もお世話になりました

 投稿者:TK_Starlight  投稿日:2016年12月31日(土)18時30分52秒
返信・引用
  もうすぐ新年となります。今年1年皆様にはお世話になりました。

>こうちさん
新しい車、新しいカメラと揃ったのにインフルエンザとは残念でしたね。でもおっしゃる通り年明けにまだチャンスがありそうです。気温も上がりそうなので雪も解けるのではないでしょうか。こうちさんの車ならスタッドレスタイヤにもしているということですし問題ないかと思います。風は強そうですが、大きな機材でない限りはとくに大丈夫かと。どちらにしろ趣味ですから、楽しめる範囲でやっていきましょう。またご一緒できるのを楽しみにしています。


さて今年一年の振り返りですが、作品にできたのは6つと昨年よりは増えました。なかなか天候が難しかった印象ですが、梅雨時の富士山新五合目、10月の乗鞍三本滝などラッキーに恵まれた時もあったのでよしとしましょう。6つのなかでは、へび座尾部の天の川、ペルセウス座のSh2-205、最後のIC2177が個人的にはお気に入りです。ここしばらくは、とくに大きな機材の入れ替えもなく、まだまだ撮影したい対象はあるので今の機材で当面は続けるつもりです。綺麗な星空の下で過ごす時間が好きですし、フォトコンを目指すというのとは違ってマイペースでいくつもりです。

風景写真も、春の富士山周辺、夏の立山、秋の八方尾根と出かけました。星見の際の乗鞍高原もよかったです。ただ紅葉が今一つ恵まれなかったですね。また来年に期待です。風景のほうでは標準ズームが欲しいなと思っているのですが、その話はまた年明けにでも触れるつもりです。


今年最後の画像ですが、先日の中国・黄山での日没です。先に紹介した写真と同じ場所から今度は西に向かっての撮影です。手前の岩山の上にある松が中国っぽい感じを出していると思うのですが、一緒にいった中国人の同僚は松をあまり見たことがなかったようで、やはり広い国ですから場所によって植物や木もずいぶんと違うようです。
携帯性の観点から持って行ったTamron SP90mmマクロでの撮影ですが、ゴーストが出ています。ただこれぐらいは私としては気にならないです。


それでは皆様におかれましても、良いお年をお迎えください。

EOS 6D, Tamron SP90mm Macro F2.8, ISO200, f/11, 1/1000


 

Re: IC2177付近

 投稿者:こうち  投稿日:2016年12月31日(土)16時35分22秒
返信・引用
  > No.1937[元記事へ]

TK_Starlightさん、こんにちわ♪

IC2177付近の画像、拝見しました。自分的に満足できる仕上がりとのことですが、細かく淡い部分まで綺麗に浮かびあがっていてすばらしい写真だと思います。
この領域ってちゃんと撮るとこんなにガスが広がっているんですね。
自分の機材(FS60+レデューサー+D810A)ならモザイクなしである程度カバーできそうなので、次回遠征で狙ってみたいと思います。
と言いつつ、この新月期も連休と重なってくれているにもかかわらずインフルエンザにかかり、やっと今日から普通の生活にもどった、という情けない状態です。
天候がよければ2日あたりに天城に、なんて思っていますが雪に覆われているとのことなので、ちょっと悩みますね。
今年もお世話になりました。来年は是非遠征先でご一緒させてください!

http://kotaka.cocolog-nifty.com/weblog/

 

お久しぶりです

 投稿者:TK_Starlight  投稿日:2016年12月30日(金)22時04分3秒
返信・引用
  kapidonさん、お久しぶりです。
この外側まで広がる星雲を前提とした構図だったので、写ってくれて安心しました。最近皆さんが挑戦されているいわゆる分子雲というのは苦手なのですが、それよりは写りやすい感じですね。kapidonさんも新しい機材D810Aで挑戦されてみてください。

なかなか最近はご一緒する機会がありませんが、また富士山などでお会いしましょう。
 

Re: IC2177付近

 投稿者:kapidon  投稿日:2016年12月30日(金)18時36分9秒
返信・引用
  TK_Starlightさんへのお返事です。

TK_Starlightさん、お久しぶりです。
IC2177ですが、とても良いですね! 何年か前に私もたしか望遠レンズにHαのFF使ってチャレンジしたことある、シーガルのさらに外側の淡い羽のような赤い星雲。凄い! 綺麗で見入ってしまいました(^^)
しかも、ヘルメット星雲まで写っております。
ぜひ、参考にします!(^^)
 

IC2177付近

 投稿者:TK_Starlight  投稿日:2016年12月28日(水)21時02分21秒
返信・引用
  先日の天城遠征での撮影から、IC2177付近の画像をGalleryにアップしました。自分的には満足できる仕上がりです。この日はもともと別の対象を撮るのが目的で、それで時間がすこしあまりそうだったので急遽IC2177も撮影することにしました。時間が十分ではなかったのでコンポジット枚数を抑えたのですが、それでも滑らかな仕上がりとすることができました。F4ちょっとの光学系 + ISO3200 + HEUIB IIは短時間露出で済むので助かります。これがGSO20cmだと二倍時間がかかるので3時間近くの撮影時間となってしまいます。

もう一つの対象はリゲル付近だったのですが、ちょっと処理を止めています。リゲルなどのゴーストが4か所に出ており、追加撮影なしには厳しそうなこと、淡い星雲の写りが思ったほどではなかったことがその理由です。以前にこのオリオン南側を撮った時にはLPS-P2を使っていたのですが、そのほうが淡い星雲の写りはいいのでしょうか。すくなくとも赤い星雲については、LPS-P2とHEUIB-IIの差はないと感じていて露出時間が半分で済むHEUIB-IIがこのところの標準フィルターとなっていたのですが。


この年末は月もよく晴天にも恵まれそうなのですが、今日天城のライブカメラを見てみたら、いつの間にか雪に覆われていました。昼間の好天で雪は減るとは思いますが私の車では厳しそうです。そういうこともあり、この年末に再度遠征に出るかはちょっと悩み中です。
 

昨晩は天城へ

 投稿者:TK_Starlight  投稿日:2016年12月24日(土)13時30分46秒
返信・引用 編集済
  久しぶりの好天に恵まれた遠征時期ということで昨晩は天城まで行ってきました。月の出は2時ごろですが冬の天体は3時にはもう撮影できなくなってしまうのであまり関係ないですね。その分早めに撮影開始しようと現地には19時過ぎに到着して20時ごろから撮影を始めたのですが、早い時間は街明かりの影響が大きく、結局使えそうなコマは22時以降の撮影分でした。できれば23時以降のほうが良いですね。初めの時間帯は天城の空はこんなに明るかったかとちょっとがっかりしていたのですが23時以降にはまずまずの明るさとなってくれました。20時ごろの撮影のコマとは露出でいうと1段違うぐらいの感じでした。この時期は風とシンチュレーションとが不安でED102SSでの撮影で、欲張って二つの対象を撮影しました。

ゴールデンウィーク以来の天城でしたが、トイレはもう閉鎖されていました。昨年は灯りがつきっぱなしだったのですが、今年はきちんと消されています。またこの数年ちょっと気になっていた自動販売機の明かりもなくなっていました。あとはいつもの駐車場より少し手前右側のところで工事が行われていました。よく見なかったのですが、もしかしたらもう一つ駐車場をつくるのかなと思いましたがどうでしょうね?いつもの駐車場にも工事の部材が一部おかれていました。
もし駐車場とすると視界はかなり限られそうですが、その分風は避けられそうに思います。

三連休中の遠征好機ということで天体の方が結構いるかと想像していたのですが、私以外には2組ほどでのんびりした雰囲気で楽しめました。

月が昇ってきた後に撮影したバラ星雲です。トリミングをしています。HEUIBだとべたっとした赤になってしまうのでその色合いが難しいです。

ED102SS + BORG7704, EOS 6D SEO-SP4, ISO3200, 2.5min x4 compo、HEUIB-II
 

先週末の撮影

 投稿者:TK_Starlight  投稿日:2016年12月17日(土)17時46分57秒
返信・引用
  少し前に仕事で中国に行っていたのですが、週末に現地のチームメンバーと一緒に黄山というところに遊びに行きました。世界遺産になっているとても規模の大きい岩山です。最も高いピークで1,800mぐらいなので標高としてはそれほど高くないですが、水墨画に出てくるような絶壁の岩山が続きます。すこし日本と感覚が違うのが、そんな断崖絶壁に無理やり普通の遊歩道をつくりあげて、登山やロッククライミングの技術が全くない一般の人でも楽しめる観光地となっていることです。ただもともとが険しい地形ですから、ロープウェイで山頂近くまで上がれるのですが、そこからの遊歩道の柵のむこうは何百メートルもの絶壁になっていたり、急な傾斜の階段が続いたりととてもスケールの大きな遊歩道です。

山の上のホテルで一泊したので、日没も山の上から楽しむことができました。これはその日没のころ東向きに撮った画像です。この時期は雲海になることが多いということで、素晴らしい眺めでした。出張ということであまり大きなレンズを持って行けずにパンケーキ40mmとTamron 90mmマクロの2本で撮影しました。

EOS 6D, EF40mm F2.8 STM, ISO400, f/8, 1/320
 

今期は成果なし

 投稿者:TK_Starlight  投稿日:2016年12月 4日(日)23時58分20秒
返信・引用
  金曜日の夜は晴天に恵まれたところも多かったようですが、南方面は天気が不安だったのと仕事を早く切り上げるのも無理そうだったのであきらめました。年末が遠征にいい時期なのでそこに期待です。

最近機材周りでやったのが、撮影時にEOS 6DとPCをWiFiでつなげられるようにセットアップしました。理由は2つあり、

- 最近6DとPCの接続が不安定。たぶん使っているUSBケーブルと6Dのコネクタが寸法的に合わないのではないか、6Dのコネクタが緩めなのではという感じがします。

- 6Dにケーブルを接続していると当然6Dのコネクタカバーを閉められないのですが、そこからの光漏れがありそうな気がする。とくに薄明時にダークを撮っていると光が漏れているのに気づきます。ファインダーはテープで覆っているので、そこぐらいしか思いつかないです。通常の撮影時にも車のライトで照らされたりすると不安を感じます。

6DをWiFiにつなぐのはアクセスポイントが必要なのですが、そのためにわざわざ用意するのもめんどうなので、使っているスマホのテザリングをONにしてアクセスポイント代わりにすることにしました。スマホの電池の持ちが心配になりますが、それはPCのUSBポートから充電しながらにすれば大丈夫だと思います。

いちおうこの構成で接続・撮影可能なのは確認しました。ただWiFiだと6DからPCへの画像転送が遅いのがネックですね。20秒ぐらい撮影間隔をあける必要がありそうです。あとはWiFiを使うためにEOS Utilityを新しいバージョンにしたのですが、そうするとPCからのライブビューでの最大拡大倍率がx10になってしまいました。(以前はx20にできた。) ピント合わせの時にライブビューでの最初の追い込みがやりづらくなりますね。


ただ実際の撮影時にWiFiにするかはまだ決めていません。従来通りUSBケーブル接続でやはり不安定ならWiFiにしようかというバックアップ的な意味合いです。
 

冬の始まり

 投稿者:TK_Starlight  投稿日:2016年11月27日(日)18時47分32秒
返信・引用
  先日首都圏では雪が降りましたし、季節はもう冬という感じですね。首都圏では紅葉までもう一声という感じなので最後にどこかに行くというのもありだとは思いますが、行きたい場所も思いつかないですし、来週は天気さえよければ遠征のほうが優先ですね。オリオン座あたりで何か所か撮りたい対象がありますし、わし星雲もこのところ撮影していないのでこの新月期とあとは年末に撮影したいものです。ただ今年は冬の寒さが厳しそうということでいつまで天城に入れるかも注意が必要そうです。


乗鞍高原の鈴蘭橋から撮った雪をかぶった乗鞍岳とカラマツの黄色の組み合わせです。10月に来たときはこの辺りはまだまだ緑だったのですが1か月弱ですっかり晩秋となりました。

EOS 6D, EF70-200mm F4L IS (70mm) ISO400, f/8, 1/500
 

レンタル掲示板
/86