teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. ぽろりっ(0)
  2. 全力全開(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


放射性鉱物の保管と取扱

 投稿者:Hαριε  投稿日:2018年 6月28日(木)18時02分42秒
  強いもの、弱いもの問わず放射線を発しているものは出来るだけ厳重に保管する。
特に強いものは鉛箱やアルミ箱の二重保管などをする。
ラベルと一緒に保管。
また、取扱時は...
触ったあとは手を洗う or 手袋を付ける。
長時間箱から出さない。
もろい鉱物は丁寧に扱う。
など。

それでも鉱物程度なら「外部被爆の」危険は無いに等しい。
過度に危険視せずに適度な距離を保ってあげる事が大切。
外部被爆による影響は100mSvを一瞬で浴びた時で発ガン率が0.5%上昇。
一瞬で100mSvというのは1000μSv/h(結構な標本)の鉱物の表面線量100時間分を一瞬に浴びたものと同じ。
しかも外部被爆ではγ線のみが影響するため、鉱物程度は比べ物にならない。

※それでも内部被爆には注意して保管・取り扱う。

(個人的にこんな感じがおすすめです。特に問題ないはず。)

 
 

Tanteuxenite-(Y)

 投稿者:Hαριε  投稿日:2018年 6月28日(木)17時39分31秒
  Tanteuxenite-(Y)
化学組成;(Y,U4+)(Ta,Nb)2O6
産地;Yinnietharra, Gascoyne, Western-Australia, Australia
線量(αβγ)[Ranger];約80μSv/h
イットリウムイットロタンタル石[Yttrotantalite-(Y)]として購入したが産地からより珍しいイットリウムタンタルユークセン石であると思われる。
参考までに。
 

Betafite

 投稿者:Hαριε  投稿日:2018年 6月28日(木)17時37分4秒
  Betafite
化学組成;(Ca,Na,U)2(Ti,Nb,Ta)2O6(O,OH)
産地;Ambatofotsy-Pegmatite, Antananarivo-Province, Madagascar
線量(αβγ)[Ranger];約7.5μSv/h
参考までに。
 

Torbernite

 投稿者:Hαριε  投稿日:2018年 6月28日(木)17時35分46秒
  Torbernite
化学組成;Cu(UO2)2(PO4)2・12H2O
産地;Margabal-Mine, Aveyron, France
線量(αβγ)[Ranger];約51μSv/h
参考までに。
 

Samarskite-(Y)

 投稿者:Hαριε  投稿日:2018年 6月28日(木)17時34分19秒
  Samarskite-(Y)
化学組成;(Y,Fe2+,Fe3+,U,Th,Ca)(Nb,Ta)O4
産地;Spinelli-Quarry, Glastonbury, Hartford Co., Connecticut, USA
線量(αβγ)[Ranger];約70μSv/h
参考までに。
 

強力な標本

 投稿者:Hαριε  投稿日:2018年 6月28日(木)17時31分49秒
  前述のチェコ産標本ですが、CPMでは400kCPM以上です。
また、見た目も鮮やかなオレンジできれいです。

あと、お気に入りの鉱物はサマルスキー石です。
 

強力な標本

 投稿者:Hαριε  投稿日:2018年 6月28日(木)17時28分23秒
  チェコの某鉱物ショップで購入したウォルセンドルファイト/フォールマリー石/ウラノフェン/閃ウラン鉱の共生標本をRanger[Inspector USBの後継機]で測定したところ、αβγ合計で1100μSv/hを振り切りました。
また、βγ(SOEKS 01Mで測定)では400μSv/hに達しました。
ちなみに産地はチェコ、Olomouc-Region、Javornik近郊のHorni Hostice。
あのあたりはZalesiからつながるウラン鉱化帯が分布しているようです。
 

放射性鉱物

 投稿者:Hαριε  投稿日:2018年 6月28日(木)17時22分59秒
  銅スクロドフスカ石の標本に共生している黄色のちょこっと針状は、スクロドフスカ石、カソロ石、ウラノフェンのどれかではあると思います。
どれも銅スクロドフスカ石と関連の深い鉱物です。
スクロドフスカ石;Mg>Cu [Mg(UO2)2(SiO3OH)2・6H2O]
カソロ石;よく共生。カソロ石+銅に富む熱水=銅スクロドフスカ石という話もよく聞きます。 [Pb(UO2)(SiO4)・H2O]
ウラノフェン;組成が類似。スクロドフスカ石グループとウラノフェングループは統合してもいいかもしれません。
[Ca(UO2)2(SiO3OH)2・5H2O]
 

銅スクロドフスカ石の共生鉱物

 投稿者:gamma-kun-desu  投稿日:2017年11月 3日(金)12時30分2秒
  写真館の、銅スクロドフスカ石の共生鉱物(黄色)ですが、スクロドフスカ石ではないでしょうか  

βγ合計で50以下は気にしたことない

 投稿者:ピピピ  投稿日:2017年10月26日(木)19時12分0秒
  僕の最強は40以下で、このくらいの丁度いいのを数集めたいと思っています。
主な放射性鉱物をほとんど全部コンプリートしたくても、個々が強すぎたら全×。
 

レンタル掲示板
/4