teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


【2019 帯広WINEサークル新年会(第120回例会):ブル-スさんの『10Rワイナリー』のワインを楽しむ会!】

 投稿者:ジェイク  投稿日:2019年 2月 1日(金)04時09分52秒
  【2019 帯広WINEサークル新年会(第120回例会):ブル-スさんの『10Rワイナリー』のワインを楽しむ会!】
2019年の新年会はご要望にお応えしまして、岩見沢市栗沢町にカスタムクラッシュワイナリー(委託醸造所)を開設し北海道のワイン造りに旋風を巻き起こしました、ブル-ス・ガットラブさんの『10Rワイナリー』特集を開催いたしました。『10Rワイナリー』さんの上幌ワインを元より『ココファーム』さん『Kondo Vineyard』さん『相澤農園』さん等々、ブル-ス・ガットラブさんが手掛けた11か所ワイナリーのワインを一堂に集め、「ビストロ・ ポワル」の岡田シェフの新年会特別コース料理とのマリアージュをお楽しみ頂きました。

今回のワインはすべて【10R(トアール)ワイナリー】さんの生産ワインとなってます。多く有りますので『上幌ワイン』は青、『こことある』は赤、『受託醸造ワイン』は緑とシリーズで部類して色分けしてナンバーリングしております。
【上幌ワイン】シリーズ:③⑩⑳22、24栗沢町の10Rワイナリーの自社畑『上幌ヴィンヤード』産ワインと余市町登地区の藤澤農園と木村農園産の葡萄を買い入れたワインで構成される10Rワイナリー自社ブランドワイン
【こことある】シリーズ:④⑤⑦⑮⑲23余市町生産者の葡萄を買い入れ、栗沢町の10Rワイナリーで醸造し、栃木県のココ・ファームで熟成、販売されたココ・ファームワイナリーと10Rワイナリーのコラボによる“適地適品種”シリーズ。
【受託醸造ワイン】:生産者が持ち込んだ葡萄を10Rワイナリーが委託を受け、同時期に複数の生産者が同じ空間で協力し合いながら作業を行いワインを造り出す。そこで研鑽を積み、曳いては醸造所開業の手助けも行われている。現在までに15社の農園が受託醸造し、4社が醸造所開業に至ってます。②⑨⑬KONDOヴィンヤード、⑫ナカザワ・ビンヤード、21イレンカ・ヴィンヤード(岩見沢市・栗沢町)⑪モンガク谷・ワイナリー(余市町・登)、①⑭あいざわ農園合同会社(帯広市・以平町)、⑥森臥(名寄市・弥生)⑧⑯多田農園(上富良野町)⑰宇都宮ヴィンヤード(浦臼町・晩生内)⑱東川振興公社(上川郡・東川町)

流れとしましては、先ずは①~⑤のスパークリングワインのセパージュ(品種)の違いを飲み比べに始まり。次は⑥~⑩の単一品種の白ワインの飲み比べ。そして⑪~⑬の多品種ブレンドの白ワインの飲み比べ。ロゼワイン⑭~⑯飲み比べ。⑰浦臼町と⑱東川町のセイベル13053の飲み比べ。そして余市町のツヴァイゲルトを10Rワイナリーで醸造された⑲ココ・ファーム・ブランドと⑳上幌・ブランドの飲み比べ。岩見沢市・上幌で栽培された、21番のイレンカ・ヴィンヤードのピノ・ノワール100%と、22番の上幌ワインのピノ・ノワ-ル87%、ピノ・グリ10%、ガメイ2%、プールサル&ピノムニエ1%多品種ブレンドの飲み比べ。余市町木村農園産のピノ・ノワールを10Rワイナリーで醸造された23番ココ・ファーム・ブランドと24番上幌・ブランドの飲み比べ。とテーマに沿って飲み比べて頂きました。

いつもながらに美味しいワインとお料理のマリアージュ!
2次会から岡田シェフを囲み、有志からサプライズで頂いた肴とワインで更に盛り上がり、ワイン情報にグルメ情報と話題が尽きず、新春の夜長を大いにお楽しみいただきました。岡田シェフ、スタッフの皆様、遠路駆け付けて頂いた方々、お忙しい中ご参加頂いた皆様、誠に有難うございました!
今年も宜しくお願い申し上げます。

【2019 帯広WINEサークル新年会:ブル-スさんの『10Rワイナリー』のワインを楽しむ会!】
日時:2019年1月26日(土)19:00~
会場:ビストロ・ポワル 帯広市西2条南23丁目
会費:8000円

TASTING WINELIST
1. 2017 A-danZa Frizante / あいざわ農園合同会社
2. 2015 Nakai Mulleー / KONDOヴィンヤード
3. 2014 上幌ワイン・藤澤農園・余市ケルナー「塞翁が馬」/10Rワイナリー
4. 2012 Kita no NOVO / ココ・ファーム・ワイナリー
5. 2013 Kita no NOVO Rose / ココ・ファーム・ワイナリー
6. 2016 Shinga Bacchus / 森臥 (相澤様サプライズワイン)
7. 2015 こことある・ぴのぐり / ココ・ファーム・ワイナリー
8. 2014 多田農園 Chardonnay / 多田農園
9. 2013 Tap-Kop Blanc / KONDO ヴィンヤード
10. 2013 上幌ワイン・藤澤農園・余市ケルナー / 10Rワイナリー
11. 2017 モンガク谷 / モンガク谷・ワイナリー
12. 2014 Kurisawa Blanc / ナカザワ・ビンヤード
13. 2013 Tap-Kop KonKon / KONDO ヴィンヤード
14. 2017 さちろぜ / あいざわ農園合同会社
15. 2015 こことある・ぴのろぜ / ココ・ファーム・ワイナリー
16. 2014 多田農園 Pinot Noir / 多田農園
17. 2016 ヲソキナイノルビー / 宇都宮ヴィンヤード
18. 2014 Kitoushi / 東川振興公社
19. 2014 こことある・ツヴァイゲルト / ココ・ファーム・ワイナリー
20. 2014 上幌ワイン・余市ツヴァイゲルトレーベ / 10Rワイナリー
21. 2015 Irenka Pino Noir / イレンカ・ヴィンヤード
22. 2014 上幌ワイン・風 / 10Rワイナリー
23. 2014 こことある・ピノ・ノワール / ココ・ファーム・ワイナリー
24. 2014 上幌ワイン・木村農園余市ピノ・ノワ-ル / 10Rワイナリー.
ニ次会ワイン
25. 2018 山幸ぶどうジュース/あいざわ農園(相澤様)
26. 2014 Nana-Tsu-Mori Blanc de Noirs/タカヒコ・ソガ(足立様)
27. 2015 Fattoria Al Fiore /秋保醸造所(伊藤様)
28. 2013 Chardonnay/Takahata Wine(ミルキー様)
29. 2015 I Sparkling / OSA Winery(石川様)
30. 2013 First Bottle Koshu/大和葡萄酒(ジェイク様)
31. 2013 小布施イブリールージュ/小布施ワイナリー(ミルキー様)
32. 2013 十勝ワイン・Pinot Noir/池田町ブドウ・ブドウ酒研究所(ジェイク様)
 
 

『2019CLUB Marche de Vins 新年会:ブルゴーニュワイン研究会:コート・ド・ニュイ村名編』

 投稿者:ジェイク  投稿日:2019年 1月19日(土)05時49分24秒
編集済
  『ブルゴーニュワイン研究会』は、お陰様で1周年を迎え1周年記念会、コート・ド・ニュイ村名編開催いたしました。
【Club Marche de Vins @十勝(十勝から発信するグルメワイン会)第247回例会 2019新年会:ブルゴーニュワイン研究会1周年記念会、コート・ド・ニュイ村名編】
テーマは無限に広がるブルゴーニュですが、ナポレオンが愛でたシャンベルタンや世界一のワインと云われているロマネコンティなど名だたる有名ワインの産地であるブルゴーニュのコート・ド・ニュイ地区のお気に入り村名ワインを持ち寄って、先入観無しで一つ一つのワインと対峙するオール・ブラインド・テスティングで行われました。
【スパークルングワイン:地域別】①マニアンのクレマンと②モエのシャパーニュー(サプライズワイン)はモエの第一アロマであっけなく見破られてしまいました。マニアンのクレマンはピノノワールのみで造られたブランドノワールでしたので面白かったのですが、モエの個性的なアロマには勝てませんでした。
【白ワイン:地域別】③ ドミニク・ローランの2015 Fixin Blancと④マルク・コランの.2014 Saint Aubin 1er Cru En Remilly(サプライズワイン)のニュイとボーヌの比較では、ドミニク・ローランは特級並みの樽使いをしてながらもあっさりとしたワイン。ボーヌのサント-バンは畑が燐接しているピュルニーを連想させる濃厚なワインでした。
【赤ワイン1セット目:同年の地域別】⑤ユベール・リニエの2013 Morey-Saint-Denisと⑧ロベール・グロフィエの2013 Gevrey Chambertinのニュイ北部の村名の比較試飲はボトルコンデションの影響もあってかなかなか明快な解答が得られず、Gevrey Chambertinの畑名付きの⑨ミッシェル・ギーヤールの2012 Gevrey Chambertin Vieilles Vignes"La Platiere"を追加し、やっと納得のいくGevrey Chambertinらしい味わいで納得の行く正解にに到達できました。
【赤ワイン2セット目:地域別】フレデリック・マニアン⑥.2012 Nuits Saint Georges Vieilles Vignes とロベール・シルグ⑦.2008 Vosne-Romaneeニュイ南部の村名の比較試飲は
シルグのVosne-Romaneeは繊細なダシ系の旨さ、マニアンのNuits Saint Georgesはニュイサン独特な腐葉土の様な土のニュアンスが僅かに感じ取れました。
【赤ワイン3セット目:生産者別】ラ・ジブリオットの2011 Gevrey-Chambertin"Cuvee Clos du Chateau"とクロード・デュガの2010 Gevrey Chambertinの親子対決となりましたラ・ジブリオットのワインは12世紀からの歴史を誇るクロ・デュ・シャトーから醸造を委託さrたワンヴィンテージワインでしたが旨み炸裂する飲み頃のワインとなってました。クロード・デュガのワインは固く閉じていて飲み頃は後10年先と思わんばかりのワインでありました。
【赤ワイン4セット目:格付け別】1830年からの歴史を誇るカミュー・ペール・エ・フィスの⑫2009 Gevrey Chambertinと⑭.2004 Charmes Chambertin Grand Cruの同一生産者による格付け別比較試飲ではひかくてき簡単に同一生産者による格付け別ワインを言い当てられ、これはサービス問題?と云われてしまいました。
【赤ワイン4セット目:生産者別】 アルローの⑬.2011 Charmes Chambertin Grand Cru と ジェラール・ラフェの⑮.2002 Charmes Chambertin Grand Cru何と贅沢な同一特級畑ワイン対決となりましたが、どちらも抜栓3時間後にも関わらず開いておらず、3段デキャンティングにエアレーションを施して何とか少し香と味わいが開いてきた恐るべしグランクリュでした。
予備知識もなくワインひとつひとつを五感を研ぎ澄ませて取り組み、盛んに意見が交換されたブラインドテスティングは大いに盛り上がり、今回もご好評をいただきました。
その後のワインは、お料理とのマリアージュを考察しながら進められ、新春の夜長を大いにお楽しみ頂きました。素敵なサプライズワインの投入でスペシャルなブラインドテスティングとなりましてありがとうございました。加藤シェフ、スタッフの方々、お忙しい中ご参加頂いた皆様、誠に有難うございました。

『2019CLUB Marche de Vins 新年会:ブルゴーニュワイン研究会:コート・ド・ニュイ村名編』
日時:2019年1月12日(土)19:00~
会場:『Wine & Gourmet カーディナル』 帯広市西1条南10

TASTING LIST
1.NV   Cremant de Bourgogne Blanc de Noirs / フレデリック・マニアン
2.NV   Moet et Chandon Brut Imperial / モエ・エ・シャンドン
3.2015 Fixin Blanc / ドミニク・ローラン
4.2014 Saint Aubin 1er Cru En Remilly / マルク・コラン
5.2013 Morey-Saint-Denis / ユベール・リニエ
6.2012 Nuits Saint Georges Vieilles Vignes /  フレデリック・マニアン
7.2008 Vosne-Romanee   / ロベール・シルグ
8.2013 Gevrey Chambertin  / ロベール・グロフィエ
9.2012 Gevrey Chambertin Vieilles Vignes"La Platiere" / ミッシェル・ギーヤール
10.2011 Gevrey-Chambertin "Cuvee Clos du Chateau" / ラ・ジブリオット
11.2010 Gevrey Chambertin / クロード・デュガ
12.2009 Gevrey Chambertin / カミュー・ペール・エ・フィス
13.2011 Charmes Chambertin Grand Cru / アルロー
14.2004 Charmes Chambertin Grand Cru / カミュー・ペール・エ・フィス
15.2002 Charmes Chambertin Grand Cru / ジェラール・ラフェ  
 

『2019新春 なんとな~くポットラックパーティで楽しむ会!』

 投稿者:ジェイク  投稿日:2019年 1月12日(土)05時39分12秒
  『2019新春 なんとな~くポットラックパーティで楽しむ会!』
Club Marche de Vins @ 十勝(十勝から発信するグルメワイン会 第247回例会)
無計画でなんとな~く、お酒とお料理を手持ちで楽しんでいたら
ひとり、ふたりとやって来て、気が付いたら
新春ワインパーティになってました・・・(^^ゞ

『2019新春 なんとな~くポットラックパーティで楽しむ会!』
日時:2017年1月4日 20:00~、
内容:なんとな~くお料理&ワインの持ち寄り
会場:Jay's Bar

TASTING WINELIST
1.NV   Bach Extrisimo Brut Sleever / バーチ(グルッポ・コドーニュ)
2.2015 Rosemount Diamond Label Chardonnay / ローズマウント
3.2010 Le Chardonnay / カーヴ・サンヴェルニ
4.2016 Coteaux Bourguignons / クロズリー・デ・アリズィエ
5.2014 Bougogne Pinot Noir / クロズリー・デ・アリズィエ
6.2015 Rosemount Diamond Label  Syraz / ローズマウント
7.NV   The Chita Suntory Whisky / サントリー
 

『和食とお酒を楽しむ和飲新年会2019』

 投稿者:ジェイク  投稿日:2019年 1月10日(木)23時27分47秒
  『和食とお酒を楽しむ和飲新年会2019』 釧路WINEサークル第16回例会
今年も新春早々、三十数年来の飲み友である、
こよなく和食とお酒を愛する『和飲会』のメンバーさんと新年会を開催いたしました。
和食とのマリアージュをテーマにワイン党、日本酒党、ビール党、ウィスキー党、カクテル党の面々が一同に会し
料理に合わせて好き勝手にオサケをチョイスしておのおののペアリングを発表すると云うトリッキーな新年会で
飲兵衛入り乱れての宴に大いに盛り上がりました~。 板長、スタッフさん、ご参加の皆様有難うございました。

『和食とお酒を楽しむ和飲新年会2017』
日時:2017年1月2日(月)PM 7:00~、
内容:和食コース料理+ワイン&日本酒 &ビール&ウィスキー&スピリッツ&カクテル
会場:Fuji Betutei

TASTING LIST
1.NV  梅の宿 柚子 スパークリング / 梅乃宿酒造株式会社
2.NV  梅の宿 巨峰 スパークリング / 梅乃宿酒造株式会社
3.2018 サッポロクラシック 2018 富良野VINTAGE / サッポロビール株式会社
4.2018 とれたてホップ一番搾り 2018生収穫 / キリン株式会社
5.2018 サントリー・ザ・プレミアム・モルツ“初摘みホップ"ヌーヴォー”/サントリー
6.2018 ヱビス 薫るルージュ / サッポロビール株式会社
7.NV   純木スパークリングKISSui Brut  / カサル
8.NV   958 Santero Asti Secco / サンテロ
9.2018 純米酒 若蔵 KURA Challenge 2018 / 髙砂酒造株式会社
10.2018 出羽桜 純米吟醸 つや姫 / 出羽桜酒造
11.2018 獺祭 寒造早槽 純米大吟醸 48 / 旭酒造株式会社
12.NV   Besame Mucho / ヴィンニコ・エクスポート
13.2007 Faustino Rivero Ulecia Gran Reserva / マルケス・デル・アトリオ
14.NV  Beefeater Dry Gin / ビーフィーター
15.NV  Maker's Mark NV / メーカズ・マークス
16.NV  Jack Daniel's Old No.7 / ジャック・ダニエル
 

『2018年大晦日、みなさま良いお歳を!』

 投稿者:ジェイク  投稿日:2018年12月31日(月)15時54分7秒
編集済
  『2018年大晦日、みなさま良いお歳を!』
2018年もワイン会にご参加いただきまして、真に有難うございました。
1月『2018新年会:話題のドメーヌ・タカヒコ特集と話題の道産ワインを楽しむ会!』に始まり
2月『ブルゴーニュ研究会2018』 を発足!
3月『2018ワイン合宿:サホロワイン祭りを楽しむ会!』にジョイントしたワイン合宿を初開催。チームAさん他、各地からが参加頂きました。
4月札幌プル・コ・ア・パ・さんでの『札幌WINEサークル:春のグルメワイン会』
5月札幌のプレミアホテル椿さんにて『2018渋谷マスターソムリエと楽しむ春の秘蔵ワイン会!』
6月『十勝から発信するイタリアワイン会:創立12周年記念会』
7月『2018自然派ワイン会』
8月『ヒトミワイン特集』と『2018ワインキャンプin静山』各地より多くの方がいらして頂きました。
9月『お気に入りワインを持ち寄ってワインを語ろう会2018秋』
10月『帯広WINEサークル創立20周年記念会:念願のシャトーペトリウス1993とJPM特集、3星シェフの料理を楽しむ会!』
11月『ブルゴーニュ研究会:ボジョレー&マコネー編 2018ボジョレー・ヌーボ&熟成ワインを楽しむ会』
12月『2018 Christmas Wine Party:ドイツワインを楽しむ会』
等を開催いたしまして、各会、みな様に大いに楽しんでいただきました。

【帯広WINEサークル】はお陰さまで20周年を迎えることができました。
今年は157名のご参加の方に263種類のワインを楽しんでいただきました。
通算119回の例会を終え、延べ参加者数も1775名越え試飲数は2247種となりました。

【Club Marche de Vins @十勝】(十勝から発信するグルメワイン会)は
お陰様で創立21周年、第246回の例会をを迎えることができました。
初開催から21周年、第246回の例会を終え集計しましたところ、のべ、
2266名の参加者の方に2828種類のワインを楽しんで頂く事ができました。

本年度の活動としましては
【Club Marche de Vins @十勝】(十勝から発信するグルメワイン会)
【Viva italiano!!@十勝】(十勝から発信するイタリアワイン会)
【札幌WINEサークル】(札幌開催のワイン会)
【釧路WINEサークル】(釧路開催のワイン会)
の姉妹ワイン会を含めますと、本年は28回のワイン会を開催し
381名の方がに525種類のワインを楽しんで頂きました。

通算いたしますと408回の例会を開催し、延べ4485名の参加者の方々に5565種類のワインを楽しんで頂く事ができました。
これもひとえに永きに渡って、ご参加頂いた皆様、ご賛同頂いたお店があればこその賜物です。
あつく御礼申しあげます!
これからも、ワイン、お料理(お店)、参加者の皆様の一期一会のご縁を大切に開催して参りたいと思います。
みなさまの新しき良いお歳を願いまして!2019年も、よろしくお願い申し上げます。m(_ _)m
 

【1985シャトーモンローズ と ガトー・マジョレーヌを楽しむ会!】

 投稿者:ジェイク  投稿日:2018年12月22日(土)22時22分17秒
  【1985シャトーモンローズ と ガトー・マジョレーヌを楽しむ会!】
Club Marche de Vins @ 十勝(十勝から発信するグルメワイン会 第246回例会)
かねてからの懸案でありました世界一と云われてたフェルナン・ポワンの「ラ・ピラミッド」をオマージュしたワイン会を、
ワインとグルメの師匠であるW先生主導の元開催されました。
【1985シャトーモンローズ と ガトー・マジョレー】のキーワードにビストロ・ポワルの岡田シェフに
メニューを組んで頂き、そのムニュに合わせたワインを私がマリアージュさせて行くかたちで行われました。
フェルナン・ポワンと云うとお弟子さんにポール・ボキューズ、トロワグロ兄弟など現代のフレンチの礎を築いた
☆☆☆シェフを排出した大御所シェフです。それをオマージュするお料理に興味深々に思っていましたら、
偶然にも岡田シェフは「ラ・ピラミッド」の所在するフランスの南部のローヌのヴィエンヌのレストランで修業していた
経緯をお持ちで、その時「ラ・ピラミッド」にも通われていたので、フェルナン・ポワンに思いを馳せながらムニュを組んでいただきました。

《メニューとペアリングしたワイン》
①【ブリオッシュの2種のブルスケッタ:フォワグラのテリーヌ、黒豆のサワークリーム】
・NV   Champagne Del Caves Brut
②【鶏とゴボウのピュレを詰めたラビオリ】
・NV   Andreas Oster Spatlese
③【モリーユ茸(網笠茸)のリゾット】
・2015 Cycles Gladiator Syrah
④【柑橘類のグラニテ(レモン、グレープフルーツ、オレンジ)】
・.NV  Tokachi Wine Shirufi Dry
⑤【ポロシリ和牛のビーフストロガノフ】
・1985 Chateau Montrose
⑥【ガトー・マルジョレーヌ】
・1996 Coteaux du Layon Selection de Grains Nobles

師匠がローヌのヴィエンヌの「ラ・ピラミッド」のオテルに滞在時には、かの
マダム・マド、ギー・ティバルシェフ、ヴァンサン給仕長、ルイ・トマジ名ソムリエのが
ご健在で、素晴らしいお料理とサービスで至福の時間だったとの事でした。
伝説の名ソムリエのトマジさんがセレクトしたワインがChateau d’Issan1945。
洗面器の様なボウルに一気に注ぐと尋常じゃないほどの大量の滓が出現し
それを濾しながらデキャタしてサーヴされたそうで、せんが太くビロードのようなワインだったとか。
師匠がボウルに一気に注ぐ利点を聞いたところ、一気に注がないと滓がボトルに詰まってしまい
その詰まりをとる事で滓が粉々になって、ワインとの分離が難しなるので、大胆な方法が得策となる。
との回答で、お手並み鮮やかなムッシュ・トマジの逸話をはじめ数々の興味深い「ラ・ピラミッド」のお話を伺う事ができました。
W先生、岡田シェフ、スタッフの皆さま、ご参加頂いた皆さま、素敵な時を有難うございました!

【1985シャトーモンローズ と ガトー・マジョレーヌを楽しむ会!】
日時:2018年12月8日(土)19:00~
会場:ビストロ・ポワル

TASTING LIST
1.NV   Champagne Del Caves Brut / バロン・フェンテ
2.NV   Andreas Oster Spatlese / アンドレアス・オスター・ヴァインケレライ
3.2015 Cycles Gladiator Syrah / ハーン・エステート
4.1985 Chateau Montrose / シャルモリュー家
5.1996 Coteaux du Layon Selection de Grains Nobles / ドメーヌ・レ・グラン・ヴィーニュ
6.NV  Tokachi Wine Shirufi Dry / 池田町ブドウ・ブドウ酒研究所
 

【2018 Christmas Wine Party:ドイツワインを楽しむ会】

 投稿者:ジェイク  投稿日:2018年12月15日(土)04時26分23秒
  【2018 Christmas Wine Party:ドイツワインを楽しむ会】
Club Marche de Vins @ 十勝(十勝から発信するグルメワイン会 第245回例会)
ワイン会設立当時からのメンバーAさんのリクエストで、本格的なドイツ料理にバリエーション豊かなドイツワインをペアリングしてゆくと云う試みで開催致しました。
メニューとワインの構成は、
【ヴルストク・ヌーデル(ソーセージ入りジャガイモの団子)】には①②③のゼクトを合わせてみました。
【ツヴィーベル・ズッペ(ドイツ風オニオンスープ)】には④⑤⑨⑩⑪のしっかりめの白と軽めの赤を合わせてみました。
【スペッツレ(ドイツ風卵ヌードル)】⑥⑦⑫重めの白としっかりめの赤を合わせてみました。
【アイスバイン(豚の塩漬け肉とザワークラウトの煮込み)】と【ローゲンブロート(ライ麦パン)】には⑧⑬⑭重めの白と重めの赤を合わせてみました。
【アプフェルクーヘン(リンゴのパウンドケーキ)】には⑮⑯アイスワインとトロッケンベーレンアウスレーゼのデザートワインを合わせてみました。
各自おのおののベストペアリングを導き出し、ドイツワインの甘いイメージを払拭し、決して甘いだけじゃないドイツワインの世界を再認識する会となりました。
クリスマスムードを盛り上げるインテリアと BGMの中でドイツワインとドイツ料理のマリアージュを大いにお楽しみ頂きました~♪ヽ(´▽`)/
岡田シェフ、スタッフの皆さま、お忙しい中ご参加頂いた皆さま、誠に有難うございました!

【2018 Christmas Wine Party:ドイツワインを楽しむ会】
日時:2018年12月8日(土)19:00~
会場:ビストロ・ポワル

TASTING LIST
1.NV  Henkell Trocken Dry Sec / ヘンケル
2.NV  Eymann Blanc de Noir Extra brut/アイマン醸造所
3.NV  Furst von Metternich Sekt Trocken Rose/フェルスト・フォン・メッテルニヒ
4.2015 Charta Rhengau Riesling / フリッツ・アレンドルフ醸造所
5.2015 Zeltinger Schlossberg Spatlese herb / ベッカー・シュタインハウアー醸造所
6.2007 Forster Pechstein Riesling Grosses Gewachs Trocken/ライヒスラート・フォン・ブール(ブール参議官家)
7.1992 Burg Layer Schlosskapelle kabinett /フェルディナンド・ピーロート
8.1991 Dalsheimer Sauloch Huxelrebe /シャーレス醸造所
9.2016 Amalie Nahe Dornfelder QbA /クロスター醸造所
10.2016 Klostor Pinot Noir Pfalz / クロスター醸造所
11.2016 Von Winning Spatburgunder Friedrich 1849 Q.b.A./ヴァイングート・フォン・ウィニング
12.2015 Meersburger Rieschen Spatburgunder trocken/メーアスブルク州立醸造所
13.2014 Wurzburger Spatburgunder trocken/ユリウス・シュピタール
14.2014 Brauneberger Mandelgraben Pinot Noir/マ―カス・モリト―ル
15.2007 Bechtolsheimer Klosterberg Chardonnay Eiswein/エルンスト・ブレッツ醸造所
16.1994 Nubdorfer Bischofskreuz Trockenbeerenauslese/カール・ジットマン
2次会ワイン
17.2009  Pinot Noir Reserva/ビルギット・ブラウンシュタイン
 

『CLUB Marche de Vins @十勝 創立21周年記念会&2018忘年会:1988秘蔵熟成ワインを愉しむ会』

 投稿者:ジェイク  投稿日:2018年12月 3日(月)04時57分21秒
編集済
  Club Marche de Vins @十勝(十勝から発信するグルメワイン会)はお陰様で21周年を迎えることができました。あつく御礼を申し上げます。
創立21周年記念し、名峰サホロ岳の麓に佇む老舗レストラン『ラ・パッパータ』さんを会場に
『CLUB Marche de Vins @十勝 創立21周年記念会&2018忘年会:1988秘蔵熟成ワインを愉しむ会』を開催致しました。まずは、①2004Schramsbergで乾杯でスタートしました。ドンペリに匹敵すると云われているだけあって素敵な泡でした。
【カサゴのフリットとアワビのサラダ仕立て】には、何と②2006Dom Perignonと③2000Dom Perignon P2との豪華な飲み比べ!(言葉は要らず只笑顔WW)。
【ポークリエットのカナッペ】には10年熟成の④2008Morey Saint Denis 1er Cru Monts Luisants、⑤2007Les Plantiers du Haut Brion。
【ポルチーニ茸のリゾット・フォアグラ添え】には30年熟成の白ワイン⑥1988 Corton Charlemagne、⑦1988 Clos de la Coulee de Serrant、どちらのワインも本領発揮したのは抜栓4時間後でした。名手フランソワ・ラマルシュとあってか⑧2009Vosne-RomaneeはLa Grande Rueに通じるものを感じました。
【オッソブッコ(仔牛のスネ肉のトマトソース煮)】にはニュイのグランクリュの三つ巴⑨.2006Mazy-Chambertin Grand Cru、
⑩.2000Clos de Vougeot Grand Cru、⑪1988Charmes-Chambertin Grand Cruと
⑫1988Campolongo di Torbe Amarone Della Valpolicella、⑬1995Chateau Angelus、⑭1988Chateau Montroseをマリアージュしペアリングを探りましたがどれにでも合ってしまうと云う驚きの結果でした。
【ドルチエ:パンナコッタ、ヘーゼルナッツノアイスクリーム、バナナ添え】⑮1996Coteaux du Layon Selection de Grains Nobles まるで蜂蜜の如き貴腐にうっとり~。
【サプライズデザート:柿のアマレット掛け、ジャンポールエヴァンのマロンコンフィー、リンド90%カカオチョコレートサロンドロワイヤル/ピーカンナッツチョコレート5種】⑯.NVFine de Bourgogne、⑰NVMarc de Bourgogne
飲んで飲んで食べて食べて笑って笑って!の5時間半、渡辺シェフの特別コース料理と持ち寄って頂いた数々の秘蔵ワインとのマリア―ジュを存分にお楽しみ頂きました。
シェフ、マダム、お忙しい中お祝いに駆けつけてご参加頂いた皆さま、誠に有難うございました!

『CLUB Marche de Vins @十勝 創立21周年記念会&2018忘年会:1988秘蔵熟成ワインを愉しむ会』
日時:2018年11月24日(土)PM3:00~、
会場:ラ・パッパータ (新得町)
内容:21周年記念特別コース料理、

TASTING LIST
1.2004  Schramsberg J. Schram North Coast / シュラムスバーグ・ヴィンヤーズ
2.2006  Dom Perignon  / モエ・エ・シヤンドン
3.2000  Dom Perignon P2 / モエ・エ・シヤンドン
4.2008  Morey Saint Denis 1er Cru Monts Luisants / デュジャック
5.2007  2007Les Plantiers du Haut Brion / ドメーヌ・クラレンス・ディロン
6.1988  Corton Charlemagne / ボノー・デュ・マルトレイ
7.1988  Clos de la Coulee de Serrant /  ニコラ・ジョリー
8.2009  Vosne-Romanee   / フランソワ・ラマルシュ
9.2006  Mazy-Chambertin Grand Cru / ジョセフ・ロティ
10.2000  Clos de Vougeot Grand Cru / アミオ・セルヴェル
11.1988  Charmes-Chambertin Grand Cru / ルイ・ラトゥール
12.1988  Campolongo di Torbe Amarone Della Valpolicella / マァジ・アグリコーラ
13.1995  Chateau Angelus / ユベール・ド・ブーアールド・ラフォレ
14.1988  Chateau Montrose / シャルモリュー家
15.1996  Coteaux du Layon Selection de Grains Nobles /ドメーヌ・レ・グラ
16.NV  Fine de Bourgogne / コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ
17.NV  Marc de Bourgogne /コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ
 

【ブルゴーニュ研究会Vol.5 :ボジョレー&マコネー編】

 投稿者:ジェイク  投稿日:2018年11月23日(金)04時39分54秒
編集済
  【ブルゴーニュ研究会Vol.5 :ボジョレー&マコネー編】
ボジョレー・ヌーボの解禁に合わせて『帯広WINEサークル』第119回例会を開催いたしました。
先ずは①日本人醸造家、新井順子さんのシャルドネ100%希少な自然派スパークリングと②ガメイ100%のスパークリング・ルージュでの乾杯に始まり。
ブル研5回目のとなる今回も先入観無しで一つ一つのワインと対峙するオール・ブラインド・テスティングで行われました。
【白ワイン1セット目:地域別】北の③ACマコンヴィラージュの軽やかな味わいに対し、南の④ACマコン村名ワインのしっかりとした骨格に濃度の高さが伺えました。
【赤ワイン1セット目:地域別】⑤ACボジョレーはいつもながらの軽やかな味わい、⑥ACボジョレー・ヴィラージュはやや濃度がまして複雑味が感じられ、
⑦ACクリュ・ボジョレーはモルゴン村の最上区画コート・ド・ピィのビオロジック葡萄を使い8ヶ月樽熟成で造り出された、デ・グラン・ヴァン・デュ・ボジョレ金賞受賞ワインとあってか上質ピノノワールのワインと見まがうばかりのワインでした。
【赤ワイン2セット目:年代別】⑧2016ボジョレー・ヌーボ、⑨2014ボジョレー・ヌーボ、⑩2010ボジョレー・ヌーボ、で
『ボジョレー・ヌーボは熟成するのか?』をテーマにボジョレー・ヌーボの垂直試飲を行いました。「ボジョレー・ヌーボは発売翌年の春までに飲み切るべし!」と云われますがどのボジョレー・ヌーボも年代に見合った熟成ワインになっていて楽しめるワインになっておりました。
【赤ワイン3セット目:地域別】⑪2018ボジョレー・ヌーボ、⑫2018ボジョレー・ヴィラージュヌーボは、
ヌーボ解禁の0:00に、お待ちかねのボジョレー・ヌーボで乾杯し今年の出来の良さをつう感しました。
東京のフレンチの名店「マダム・トキ」で活躍されていた長内シェフのボジョレーにマリアージュさせた
フランス料理と供に秋の夜長をお楽しみ頂きました。
今回もブラインドは難問と云われながらも、ワイワイガヤガヤと検証し活発な意見交換がされておりました。
『欧風キッチン・パテ』の長内シェフ、マダム、遠路駆けつけて頂いた皆様、お忙しい中ご参加頂いた皆さま、誠に有難うございました。

【ブルゴーニュ研究会Vol.5 :ボジョレー&マコネー編】
日時:2018年11月14日(水曜)PM 9:00~AM1:00、
会場:『欧風キッチン・パテ(Pate)』帯広市西21条南2丁目32-5
内容:特別フレンチコース料理&2018ボジョレーヌーボ&ボジョレー&マコネー多種
会費:5000円

TASTING LIST
1.2017  Bois Lucas Chardonnay Nouveau / ボワ・ルカ(新井順子)
2.2017  Froriane Gamay Sparkling Wine / ピエール・シャヴァン
3.2016  Macon Villages / カーヴ・ド・リュニー
4.2015  Macon Fuisse / シュヴァリエ・ジョフレイ
5.2016  Beaujolais  / ジョルジュ・デュブッフ
6.2016  Beaujolais Villages / ピエール・ポネル
7.2015  Morgon“Cote du Py”Les Héritiers de Thorin / ボワセ
8.2016  Beaujolais Nouveau /  ロベール・サルー
9.2014  Beaujolais Nouveau /  ロベール・サルー
10.2010  Beaujolais Nouveau Villages Nouveau /  エリック・パルドン
11.2018  Beaujolais Nouveau /  アントワーヌ・シャトレ
12.2018  Beaujolais Villages Nouveau Vieille Vignes / ダニエル・ブリア
 

『2018秋の旬を愉しむ・フランスワイン会』

 投稿者:ジェイク  投稿日:2018年11月17日(土)05時15分5秒
  『2018秋の旬を愉しむフランスワイン会 』Club Marche de Vins @ 十勝 Vol.243
(十勝から発信するグルメワイン会 第243回例会)
帯広のフレンチの東の名店『ベル・エレーヌ』さんに於いてフランスワイン会を開催いたしました。
今回は秋の旬の食材のお料理に合わせてみたいワインを持ち寄るテーマでおこなわれました。
まずはシャンパ-ニュの飲み比べに始まり、白ワイン造りの名手による
ソービニヨン・ブランとシャルドネの飲み比べ、ボルドー第2級格付けワインをはさんで
コート・ド・ニュイの、AC村名ワイン、AC村名1級ワイン、特級ワインと飲み進み、
名手が造り出す希少なブルゴーニュワインを堪能して頂きました。
なかでもフランソワ・ラマルシュの造り出すLa Grande Rue Grand Cru (Monopole)は
ロマネ・コンティの畑に隣接するワインとあってか、素晴らしコンディションのワインでございました。
〆はステファン・エーレンのドイツワインでしたが、シュペートレーゼとは思えない蜂蜜が凝縮した
貴腐ワインの味わいに一同驚嘆しておりました。
今回も季節感あふれる水戸シェフのフレンチコース料理と数々の
銘醸フランスワインとのマリア―ジュを存分にお楽しみ頂きました。
シェフ、マダム、スタッフの皆さま、お忙しい中ご参加頂いた皆さま、誠に有難うございました!

『2018秋の旬を愉しむ・フランスワイン会』
日時:2018年11月10日18:00~、
会場:『ベル・エレーヌ』(帯広市東10条南9丁目1-44 )

TASTING LIST
1.NV   Henriot Blanc de Blancs Brut / アンリオ
2.2009  Louis Roederer Cristal / ルイ・ロデレール
3.2012  Pouilly Fume Clos des Chaudoux /セルジュ・ダギュノー
4.2011  Chassagne-Montrachet  / バンジャマン・ルルー
5.2010  Chablis 1er Vaillons  / ドメーヌ・ウィリアム・フェーヴル
6.2004  Chateau Leoville Barton  / レ・ヴァン・ファン・アントニー・バルトン社
7.2001  Nuits Saint Georges  / シャルル・ノエラ
8.2004  Vosne-Romanee  /シャルロパン・パリゾ
9.2001  Vosne-Romanee 1er Clos Des Reas  / ミシェル・グロ
10.2005  La Grande Rue Grand Cru (Monopole) / フランソワ・ラマルシュ
11.1995  Gevrey-Chambertin / ジャン・ラフェ
12.2006  Erdener Treppchen Spatlese feinherb / ステファン・エーレン
 

レンタル掲示板
/33